有機野菜・無添加食品・エコ商品の販売・イベント企画 「心とからだにやさしい生活」!
プロフィール
ベジタブル鈴木
ベジタブル鈴木
有機野菜や無添加食品、エコ商品の販売、朝市の開催、里山での農体験イベントを開催しています。
アクセスカウンタ
< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Information
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2009年03月31日

詩の世界 NO.18



未来は
きっと心の中にあるのだと
そんなふうに 今日思ったの
私が夢を持てば
きっとそれは
未来の夢に続いていく
未来の夢からキラキラした道が
私のこころへとつながっていく

けれど あきらめれば
光の道は すぐに閉ざされ
未来は色あせてしまう
心の中にきっと未来はあるのです

  山元加津子
   「心は羽がはえているから」より

同じカテゴリー(お気に入り情報)の記事画像
お知らせいろいろ。
「タイマグラばあちゃん」NHKで放送決定!
お代は各自払えるだけのレストラン。
スラック・シワラックさんからのメッセージ
お昼ごはんに
大人のための食育講座 2
同じカテゴリー(お気に入り情報)の記事
 お知らせいろいろ。 (2012-10-21 17:40)
 「タイマグラばあちゃん」NHKで放送決定! (2012-02-06 23:21)
 これまでのこと、これからのこと。 (2011-12-15 12:01)
 お代は各自払えるだけのレストラン。 (2011-10-21 13:09)
 野菜 (2011-10-18 14:59)
 スラック・シワラックさんからのメッセージ (2011-07-23 13:55)

Posted by ベジタブル鈴木 at 01:25│Comments(4)お気に入り情報
この記事へのコメント
踏まれても踏まれても・・・・・

俺は平気。

踏まれれば踏まれるほど・・・・・

俺は強くなる。

見ていろ・・・・・

いつかきっと大きな花になるから。

俺はオオバコ


未来というテーマで思いつくがままに書いてみました(笑)。


僕には15歳になる娘がいます。
はち切れんばかりの夢とでっかい未来を胸に・・・・・

「パパの夢は何だった・・・・・15くらいの時」

「15くらいの時?・・・・・ダンスホールでエレキ弾いてたからな・・・・・
ミュージシャンかな」

「うそ、パパが15の時ってミュージシャンなんていたの!!???」

娘の夢は「一人暮らし」だそうです(笑)。
Posted by 昭和24歳昭和24歳 at 2009年03月31日 07:59
昭和24歳さん

 コメントありがとうございます!
 続けていくこと、想いを諦めないこと。それが、今僕が夢を実現するための最大の近道だと思っています。やめない限り、失敗は無いわけですから。
 
 国家や政治が変わればという期待と、どうせ変わらないだろうという諦めと、そんな複雑な想いを常に抱えています。資本主義社会がある意味崩壊した今、結局は僕たちの未来を、夢を実現していくためには、僕たち自身で未来を築いていくしかないんだと強く思います。

最高に大胆に、最高にハッピーに!
「一人暮らし」が夢だなんて、可愛らしいっすね♪
Posted by ベジタブル鈴木ベジタブル鈴木 at 2009年04月01日 00:18
今の世の中「言葉不足」です!!

なんでもいいから自分以外の人と話す・・・・・・

父母でもいい。兄弟姉妹でもいい・・・・・例えば僕とでもいい!!


>「一人暮らし」が夢だなんて、可愛らしいっすね♪


人の第一歩です!!

けして可愛らしくなんかありません。現実と真正面から向き合うことです。

大人になること、結婚すること、家族を持つこと・・・・・・

全てがその道です。

それを大人が諭さなくてはいけない・・・・・

「一人暮らしの覚悟を」

夢を見る姿は実に逞しいです!!
Posted by 昭和24歳昭和24歳 at 2009年04月01日 07:22
昭和24歳さん

そうですね、みんないろいろな夢と希望を持っています。
それがエネルギーになり逞しく生きる原動力になるのでしょうね。
Posted by ベジタブル鈴木 at 2009年04月01日 17:07
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
詩の世界 NO.18
    コメント(4)