有機野菜・無添加食品・エコ商品の販売・イベント企画 「心とからだにやさしい生活」!
プロフィール
ベジタブル鈴木
ベジタブル鈴木
有機野菜や無添加食品、エコ商品の販売、朝市の開催、里山での農体験イベントを開催しています。
アクセスカウンタ
< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Information
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

2008年10月01日

星野道夫の世界 NO.2


「アラスカ 風のような物語」
星野道夫著(小学館文庫)1999年

星野道夫(ほしのみちお)
写真家。1952年千葉県生まれ。
慶応義塾大学卒業後、アラスカ大学野生動物管理学部に入学。
以後、アラスカの人々、自然、野生動物を撮り続け、国内外の雑誌・書籍に作品を発表。
96年、ロシア・カムチャッカ半島クリル湖畔で、ヒグマに襲われ逝去。


☆最近、星野さんを好きな人が身近にたくさん居ることを知り、何だかとても嬉しくなって、またまた星野さんの本の紹介を書いてしまいました。
 本当に彼の言葉はしっとりと心に響きます。
 それでいて、まったく押し付けがましくなく、ゆったりとゆるやかに僕たちの魂を揺さ振るのです。
 政治家や評論家のように・・・、口先だけでないこころから溢れ出る言葉・・・。こころがほっと癒される言葉・・・。
 彼の言葉には人を惹きつけて止まない何かがあります。
 そんな星野さんの生き方、感性に、僕はついつい引き込まれてしまうのです・・・。

本文より・・・。

 枯れ枝を集めながら、夕暮れのトウヒの森を歩く。
湿った大気が、ゆるく、暖かい。
森のカーペットに落ちているムースの糞に、少し水気が混じってきた。
ヤナギの新芽が出始めたのだろう。
アカリスの鳴き声があちこちから聞こえてくる。
森も少しずつ動き始めた。
 小さな焚き火が揺れている。パチパチパチパチ、僕の気持ちをほぐしてくれる。
 熱いコーヒーをすすれば、もう何もいらない。
 やっぱりおかしいね、人間の気持ちって。
どうしようもなく些細な日常に左右されてゆくけど、新しい山靴や、春の気配で、こんなにも豊かになれるのだから。
 人の心は深く、そして不思議なほど浅い。
きっと、その浅さで、人は生きてゆける。
 夜になり、星が出た。ランタンに火をともし、日記をつける。
今年もまた始まった。


「アラスカ 風のような物語」早春より抜粋。


同じカテゴリー(お気に入り情報)の記事画像
お知らせいろいろ。
「タイマグラばあちゃん」NHKで放送決定!
お代は各自払えるだけのレストラン。
スラック・シワラックさんからのメッセージ
お昼ごはんに
大人のための食育講座 2
同じカテゴリー(お気に入り情報)の記事
 お知らせいろいろ。 (2012-10-21 17:40)
 「タイマグラばあちゃん」NHKで放送決定! (2012-02-06 23:21)
 これまでのこと、これからのこと。 (2011-12-15 12:01)
 お代は各自払えるだけのレストラン。 (2011-10-21 13:09)
 野菜 (2011-10-18 14:59)
 スラック・シワラックさんからのメッセージ (2011-07-23 13:55)

Posted by ベジタブル鈴木 at 00:57│Comments(0)お気に入り情報
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
星野道夫の世界 NO.2
    コメント(0)