有機野菜・無添加食品・エコ商品の販売・イベント企画 「心とからだにやさしい生活」!
プロフィール
ベジタブル鈴木
ベジタブル鈴木
有機野菜や無添加食品、エコ商品の販売、朝市の開催、里山での農体験イベントを開催しています。
アクセスカウンタ
< 2011年03>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Information
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE

グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション at

2011年03月26日

上映会情報。


ドキュメンタリー映画
『タイマグラばあちゃん』上映会

「極楽だあ・・・」
早池峰の山ふところに抱かれた
ばあちゃんとじいちゃんの日々
15年間のいのちの記録

日程:3月27日(日)   
10:00~ ②14:00~ ③17:00~
※①回目上映後、12:00~12:30
 ②回目上映前、13:20~13:50に監督のお話を予定しています。
※開場時間は、各回の上映開始の30分前です。

会場:中医研会館2Fホール (高崎市北原町25-3)
鑑賞料:前売り1200円 当日1400円

問い合わせ:027-333-4075(もりのね) suzuki@aglee.jp 
☆電話での問い合わせは、お店の営業日の火、水、金、土曜日
(10時~17時頃まで)にお願い致します。
☆チケットのご予約は、電話でも承っております。
 『もりのね』までご連絡下さい。

主催:タイマグラばあちゃん群馬上映実行委員会

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
こんにちは。

『タイマグラばあちゃん』の上映会ですが、とうとう明日になりました!

計画停電も、土曜、日曜日は実施しないようですし、どういう訳か、この「もりのね」は停電しないので大丈夫なのです。
どうやら、近くに大きな病院があるからだろうとの予想ですが、予定通り上映会を開催できそうです。

前回のブログにも書きましたが、今回、澄川監督のお話は、震災の影響などで来て頂くことができないため中止となりました。申し訳ありません。

その澄川監督から高崎上映会へメッセージをいただきました。
今回の震災によってたくさんの悲しみを生みましたが、監督も言われているように「タイマグラばあちゃん」の生きる姿から“生命あることの幸せ”を少しでも感じてもらえると嬉しいです。

以下、澄川監督のメッセージです。

では、明日よろしくお願い致します。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
高崎上映会の皆様へ

この度は「タイマグラばあちゃん」の上映、ありがとうございます。
お訪ねするのを楽しみにしていたのですが、大地震のために出向けなくなりました。
上映後に皆様とお話しするはずでしたのに、申し訳ありません。

群馬のほうも大変だったと思いますが、こちらでも本当に大きな地震でした。
こうして書いている今も大きな余震がきています。

私は当日、津波にあらわれた宮古という街に行く予定だったのですが、急な仕事で内陸におり、難をのがれました。

その後、電気が止まり、ガソリンもないので下へもおりていけない穴ぐま暮らしは、年に何度か停電や大雪で同じようなことがあるので慣れているのですが、ちがったのは親しく歩いた海辺の街々が跡形もなく流されたことです。

田老、山田、大槌、陸前高田、志津川・・・・・どこも「タイマグラばあちゃん」を上映会して下さり、上映後はいろいろとお話しをし、もちろんそれだけのおつきあいではなく、他の用でも何度となく訪れて知人もたくさんおり、いろいろな思いが湧き出てきて言葉になりません。

ただひとつ言えるのは、私にとってこの津波はひと事ではなく、自分の身に起こった災害に感じられるということです。親をなくした子供たちが涙も見せず、笑顔でいます。それくらい悲しみが深く、砂漠のように広がっているのだと思います。そして津波から逃れた私も同じような呆然とした気持ちなのです。

多くの生徒を失った中学校に「生命あることを喜ぼう」という張り紙がありました。
本当にそうです。
こんな大きな災害があったのに、春は同じようにめぐってきて、ここタイマグラでも小鳥がさえずり、木々の芽がふくらんでいます。
さまざまな生命たちが、ただ生きている。  その幸せ。

こうした状況の中ですが、この映画を見て下さった方々が「タイマグラばあちゃん」の生きる姿から“生命あることの幸せ”を少しでも感じてもらえると嬉しいです。

最後になりましたが、この上映会を企画して下さった皆様、そしてお忙しい中、
会場に足を運んで下さった皆様に心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

              「タイマグラばあちゃん」監督 澄川 嘉彦




  


Posted by ベジタブル鈴木 at 16:05Comments(2)開催イベント